岡田「一過性の腕神経叢神経炎の疑い」今後はリハビリと並行して投球練習再開。(20160808)

「一過性の腕神経叢神経炎の疑い」と診断。

(RCCスポーツ ‏@rccsports / Twitter)は8日、カープ広報からの発表を受けて、右肩の違和感で登録抹消された岡田明丈投手について、病院での検査結果は「一過性の腕神経叢神経炎の疑い」と診断されたと知らせました。

岡田明丈 リハビリ 一過性の腕神経叢神経炎の疑い カープ

スポンサーリンク

カープ画像紹介

Twitterでカープ関連のツイート画像を探して、紹介しています。

(外部サイト:Twitter)
※ 画像は、ユーザーにより削除される場合があります。

今後はリハビリと並行して投球練習再開。

7日の登板時に右首から肩にかけ違和感を発症した岡田投手が、本日病院受診し「一過性の腕神経叢神経炎の疑い」と診断されました。今後はリハビリと平行し、状態を見て投球練習を再開していく予定です。

(RCCスポーツ ‏@rccsports / Twitter)より
https://twitter.com/rccsports/status/762574806793408512(外部リンク)

スポンサーリンク
ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援よろしくお願いしまーす♪
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク