【カープ試合結果】2018年9月6日[広島3-13阪神]丸”33&34号”本塁打争いリーグ単独トップに浮上 ≪M11≫

岡田乱調5回6失点6敗目。5回は集中打を浴びて5失点。

カープは9点を追う6回に丸のソロ本塁打、7回には會澤の適時二塁打、8回には丸が本日2本目となるソロ本塁打を放ったが大勢は変わらなかった。投げては、先発・岡田は5回6失点と乱調、その後の継投も失点を重ねた。カープは計7安打3得点、2試合連続2桁失点の大敗を喫した。優勝へのマジックナンバーは2位・ヤクルトが敗れたため「11」となった。

スポンサーリンク

カープ試合結果

9月6日(木) 広島 vs. 阪神 20回戦 [マツダスタジアム]

阪神 001|053|130|  13
カープ 000|001|110|  3

勝利投手: [ 阪神 ] 才木 (5勝7敗0S)
敗戦投手: [ 広島 ] 岡田 (7勝6敗0S)
セーブ :
本塁打 : [ 阪神 ] 福留14号(6回表2ラン)、陽川5号(6回表ソロ)、原口2号(8回表3ラン)
――― : [ 広島 ] 丸33号(6回裏ソロ)、丸34号(8回裏ソロ)

カープバッテリー: 岡田、飯田、藤井皓 – 磯村

広島カープスタメン

1 (左) 野間 峻祥
2 (二) 菊池 涼介
3 (中) 丸 佳浩
4 (右) 鈴木 誠也
5 (一) 松山 竜平
6 (三) 西川 龍馬
7 (遊) 田中 広輔
8 (捕) 磯村 嘉孝
9 (投) 岡田 明丈

広島カープ順位

【順位、チーム名、ゲーム差】

1位 カープ M11
2位 ヤクルト 13
3位 巨人 2
4位 阪神 1
5位 DeNA 3
6位 中日 1.5

(2018年9月6日 22時53分時点での順位)

丸「自分でも正直びっくりしている」

6回に33号ソロ、8回に34号ソロ、本塁打争いのリーグ単独トップに!

「自分でも正直びっくりしている。いいスイングができているということだと思うので、継続していくことが大事だと思います」

試合に敗れたため、笑顔はなかったが、最後まで集中力を切らさなかった。丸は言う。「どんな展開であろうとやれることは限られている。しっかりできることを打席の中でも守備でもやりたい」。開幕前から貫くその姿勢はシーズンを通してぶれることがない。

【本日の成績】丸選手
3打数 2安打 2打点 1四死球 0犠打 0盗塁 2本塁打
四球(1回裏)、33号ソロ(6回裏)、34号ソロ(8回裏)

丸は2本塁打を含む3打数2安打2打点で活躍した。「広島0-9阪神」の6回裏には1死からカウント0ボール1ストライクからの2球目を捉えてレフトスタンドへ33号ソロホームラン、「広島2-13阪神」の8回裏には1死からカウント3ボール1ストライクからの5球目をはじき返してレフトスタンド上段へ34号ソロホームランを放った。初回は四球を選んでおり、この日2安打2打点1四球2本塁打をマーク。この試合で33号、34号を放って、本塁打争いのリーグ単独トップに躍り出た。

スポンサーリンク

岡田「抑えが利かないようになってきた」

岡田乱調5回6失点6敗目。5回は集中打を浴びて5失点。

0-1の五回に6連続長短打を浴びるなどして一挙5点を奪われ「高めに浮き出して、抑えが利かないようになってきた。それでも打ち取っていかないと」と悔やんだ。

【本日の成績】岡田選手
5回 102投球数 11被安打 0被本塁打 2奪三振 3与四死球 6失点
7勝6敗0S

岡田は102球を投げ5回11安打6失点でマウンドを下りた。初回は三者凡退に打ち取りまずまずの立ち上がりを見せたが、3~5回に不安定な投球となった。3回は2死から2連打で1点を失い、4回は無失点に抑えてはいるが三者連続四球を与え、5回には1死1・2塁から4長短打集中を浴びて5点を奪われた。

四球を与えるとストライクを取りにいって(置きにいって)、腕が振れなくなり打たれる。いつもの悪癖だ。

スポンサーリンク

その他のカープ関連情報

カープ中継放送予定
カープ試合日程&結果

【予告先発】9月7日(金) 中日 vs. 広島

中日は[笠原 祥太郎(左投)] カープは[野村 祐輔(右投)]

9月7日(金) 中日 vs. 広島
ナゴヤドーム
18:00

※予定は予告なく変更になる場合があります。