【カープ試合結果】2018年7月20日[広島10-9巨人]下水流 逆転サヨナラ2ラン! 野村を、カープを、広島を救った!!

安部復活の3ラン「6番、1塁」でスタメン出場

カープは初回に野間の適時打で先制すると、続く安部の3ラン本塁打で加点し、2回には丸の適時二塁打、松山の2ラン本塁打で2回までに7点を奪った。1点差に迫られた6回には丸の適時打で突き放し、延長10回に勝ち越されて迎えた裏の攻撃では下水流の逆転2ラン本塁打でサヨナラ勝ち。投げては、先発・野村は5回8安打6失点で降板。カープは計10安打10得点、苦しいながらも延長戦を制し、後半戦本拠地初試合を勝利で飾った。

スポンサーリンク

カープ試合結果

7月20日(金) 広島 vs. 巨人 14回戦 [マツダスタジアム]

巨人 000|330|200|1   9
カープ 430|001|000|2X  10

勝利投手: [ 広島 ] ジャクソン (3勝1敗0S)
敗戦投手: [ 巨人 ] マシソン (0勝3敗8S)
セーブ :
本塁打 : [ 巨人 ] 陽5号(4回表3ラン)、マギー11号(5回表3ラン)、岡本17号(10回表ソロ)
――― : [ 広島 ] 安部2号(1回裏3ラン)、松山9号(2回裏2ラン)、下水流3号(10回裏2ラン)

カープバッテリー: 野村、永川、フランスア、一岡、中崎、ジャクソン – 會澤

広島カープスタメン

1 (遊) 田中 広輔
2 (二) 菊池 涼介
3 (中) 丸 佳浩
4 (左) 松山 竜平
5 (右) 野間 峻祥
6 (一) 安部 友裕
7 (捕) 會澤 翼
8 (三) 西川 龍馬
9 (投) 野村 祐輔

広島カープ順位

【順位、チーム名、ゲーム差】

1位 カープ -
2位 巨人 6
3位 DeNA 2.5
4位 ヤクルト 1
5位 阪神 0.5
6位 中日 0.5

(2018年7月20日 23時46分時点での順位)

下水流「まさか…。プロの舞台で最高でした」

逆転サヨナラ2ラン! 野村を、カープを、広島を救った!!

「後ろにつなごうと。真っすぐを打とうと思った。当たってくれて良かった。いい感触だった。届いてくれと思っていた。サヨナラホームランは記憶にない。まさか…。プロの舞台で最高でした」。

マツダスタジアムでは10連勝。この日は試合前、西日本豪雨災害の復興支援として、マツダスタジアム正面で募金活動も行った。マツダスタジアムでの再開初戦で被災地へ勇気を与える白星となり、「久々だったので何とか勝利をと思った。勝利の報告をできて良かったです。今は本当に大変だと思いますが、一緒に戦いましょう!」と声を張り上げた。

【本日の成績】下水流選手
1打数 1安打 2打点 0四死球 0犠打 0盗塁 1本塁打
3号2ラン(10回裏)

下水流は本塁打を含む1打数1安打2打点で勝利に貢献した。絶望感漂う広島の空。そこへ一筋の光が差し込み、下水流のバットをキラキラと光り輝かせた。そうその瞬間、野球の神様は、復興を願う広島ファンの人たちに「がんばろう!」と微笑んだのである。

「広島8-9巨人」の延長10回裏、2死1塁から1ストライクからの2球目をはじき返してライトスタンドへ、逆転サヨナラの3号2ランホームランを放った。

この一発が、6失点した野村を救い、敗戦濃厚だったカープを救い、被災地の広島に勇気と元気をくれた。

スポンサーリンク

安部「とにかく積極的にいきました」

復活の3ラン。安部「6番、1塁」でスタメン出場。きっちり2犠打も決める!

「得点圏でバッティングカウントだったので、ここしかないと! とにかく積極的にいきました」

【本日の成績】安部選手
3打数 1安打 3打点 0四死球 2犠打 0盗塁 1本塁打
2号3ラン(1回裏)

安部は本塁打を含む3打数1安打3打点で勝利に貢献した。約1カ月ぶりのスタメンとなる安部は初回、野間の先制タイムリーに続いて、2死1・2塁から2ボールからの3球目を捉えてライトスタンドへ、約3カ月ぶりとなる2号3ランホームランを放った。

お帰りー、待ってたよ!
これからの活躍、期待しとるけんね!

スポンサーリンク

その他のカープ関連情報

カープ中継放送予定
カープ試合日程&結果

【予告先発】7月21日(土) 広島 vs. 巨人

カープは[大瀬良 大地(右投)] 巨人は[菅野 智之(右投)]

7月21日(土) 広島 vs. 巨人
マツダスタジアム 18:00

※予定は予告なく変更になる場合があります。