[PR] CARP2018熱き闘いの記録 V9特別記念版 ~広島とともに~ [DVD ] [Blu-ray ]
[PR] 広島東洋カープ 球団初3連覇記念 完全保存版(仮) [DVD ] [Blu-ray ]

【カープ試合結果】2018年4月20日[中日11-7広島]投手陣乱調で逆転負け 緒方監督「自分の采配ミス」

田中「切り替えが大事」

カープは初回、菊池のソロ本塁打で先制。逆転されて迎えた2回には安部のソロ本塁打で同点に追いつく。再び勝ち越されて迎えた7回には田中の2点適時打、菊池の適時打に相手ミスも絡んで2点を追加し、バティスタの犠飛でこの回一挙5点を奪って逆転に成功したが…。投げては、先発・野村は毎回走者を背負う不安定な投球で6回4失点で降板、後を継いだ中田が打ち込まれた。カープは計10安打7得点と一時は逆転するも、1イニングで大量7失点して逆転負けした。連勝は5で止まった。

スポンサーリンク

カープ試合結果

4月20日(金) 中日 vs. 広島 4回戦 [ナゴヤドーム]

カープ 110|000|500|  7
中日 201|010|70X|  11

勝利投手: [ 中日 ] 伊藤準 (1勝0敗0S)
敗戦投手: [ 広島 ] 中田 (0勝1敗0S)
セーブ :
本塁打 : [ 広島 ] 菊池4号(1回表ソロ)、安部1号(2回表ソロ)
――― : [ 中日 ]

カープバッテリー: 野村、中田、アドゥワ – 會澤

広島カープスタメン

1 (遊) 田中 広輔
2 (二) 菊池 涼介
3 (中) 丸 佳浩
4 (一) バティスタ
5 (左) 下水流 昂
6 (右) 堂林 翔太
7 (三) 安部 友裕
8 (捕) 會澤 翼
9 (投) 野村 祐輔

広島カープ順位

【順位、チーム名、ゲーム差】

1位 カープ -
2位 DeNA 0.5
3位 阪神 1.5
4位 ヤクルト 1.5
5位 巨人 1
5位 中日 0

(2018年4月20日 22時29分時点での順位)

緒方監督「自分の采配ミス」

-投手陣が20安打11失点

緒方監督 投手じゃない。自分の采配ミス。

-先発野村は立ち上がりから失点を重ねた

緒方監督 それよりも試合の流れ。あそこで野手陣がひっくり返してくれたんだから、勝たないといけない。自分のあれ(采配)が悪かった。

-勝ちパターンの投手が連投続きで起用に制限があった面も

緒方監督 それは関係ない。自分が決めてやっている。今日は自分自身、反省するところがたくさんある。

(引用:緒方監督、投手陣乱調で逆転負け「自分の采配ミス」 – プロ野球 : 日刊スポーツ

首脳陣は7回裏に中田が打ち込まれる姿を、指をくわえて見ていた。

他に策はなかったのか。ジャクソン、中崎が連投続きで休ませたいのはわかるが、Aプランが「中田→一岡→今村」だったとしても他にもBプラン(例: 中田→今村で7~8回、一岡を9回)やCプラン(例: 中田→今村→一岡→アドゥワで7~9回)など何プランか準備しとくべきだろう。

最悪のプラン、ジャクソン、中崎のどちらか一人を投入することも考えるべきだったと思う。

田中「切り替えが大事」

延長12回に及んだ前夜のヤクルト戦。今季初のサヨナラ勝ちを納めた時、時計の針は午後10時56分をさしていた。一夜明け、ナインは午前8時台の新幹線で名古屋入り。多少なりとも疲労があるはずだが、全く感じさせない波状攻撃は見事の一語だ。田中は言う。

「結果に一喜一憂せず、切り替えが大事」

投手陣が再逆転を許し、連勝は5で止まった。だが、案じることはない。頼もしい攻撃陣は、今日以降のリベンジを誓っていた。

(引用:広島、連勝ストップも猛攻見せた 田中「切り替えが大事」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

カープ打線は「中日4-2広島」の7回、1死満塁から田中のライトへの2点タイムリーヒットで同点に、続く菊池は1死1.3塁から左中間へのタイムリーツーベースヒット、相手の連係ミスも絡んで2点を追加した。さらにバティスタの犠飛でもう1点追加、この回計5点を奪って逆転に成功した。

その他のカープ関連情報

カープ中継放送予定
カープ試合日程&結果

広島・安部 敗戦の中、気を吐く今季1号&猛打賞 七回一気5点も演出(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)

広島・野村 安定感欠き3勝目ならず「申し訳ない」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)

広島菊池が先制4号 直球に「いい反応で打てた」(日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース(外部リンク)